2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
出張のため臨時休業(お問合せの対応はメールのみとなります)
2023年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
 
お知らせ

2022/12/22
5000シリーズ 開発中ケーブルのお知らせ

現在、5000シリーズの以下のケーブルを開発中です。
発売の日程が決まりましたらお知らせいたします。

1.5000シリーズ ジャンパーケーブル
ジャンパーケーブルの良さを気軽にお試しいただけるよう、5000シリーズのジャンパーケーブルを発売予定(1月下旬の見込み)です。
構造は、スピーカーケーブル(ジャンパーケーブル一体型)WTS-SP5600のジャンパー部分を切り離した形になります。
4本セット(プラス用2本+マイナス用2本)で、長さは15cm(端子含まず・導体部分の長さ)となります。

<ジャンパーケーブルの端子形状>
端子の形状は、以下の3種類をご用意する予定です。
Yラグ端子−Yラグ端子
バナナプラグ−バナナプラグ
バナナプラグ−Yラグ端子
※バナナプラグおよびYラグ端子は、スピーカーケーブルと同じものを使用

<販売価格>
価格は7,200円(税込・送料無料)を予定しております。


2.5000シリーズ アースケーブル
最近話題の多いアースケーブルを開発中です。
アースケーブルは、レコードプレーヤーとフォノイコライザーのアース端子間を接続したり、仮想アース装置と各装置(CDプレーヤー、プリアンプ、スピーカーのマイナス端子等)間を接続するのに使用します。
アースケーブルの違いにより、音質も結構変化します。
アースケーブルに必要な電気特性等を検討しながら、試作を繰り返しているところです。
あと、しばらくお待ちください。

−以上−

 

閲覧数:232

次へ リストを見る
 

ページトップへ